離婚準備スタート!副業で自立し離婚してシンママになるまでの軌跡

生理痛と闘って来たままんが、子供たちの不安定さ、発達の問題と向き合いながら離婚準備を進めていきます。それでも毎日笑顔で過ごそうとしています。

そもそも生理痛が起きるのはどうして???

生理痛のことを考えるにあたって、まずは生理痛が起きるメカニズムを知っておきましょう。

 

f:id:kaorimama-usa:20160927223840j:plain

 

生理痛の主な原因は

 

 

①生理中に分泌されるプロスタグランジンという物質の過剰分泌

 

 

 

プロスタグランジとは、生理の時に子宮内膜を収縮させ、はがれた内膜を血液とともに月経血として子宮の外に押し出す役割を果たします。

 

                  f:id:kaorimama-usa:20160919223404p:plain

 

量が多かったり、子宮の中に滞ってしまうと子宮やまわりの血管が過剰に収縮し、

下腹部痛や腹痛を起こす。

 

                  f:id:kaorimama-usa:20160919223404p:plain

 

同時に子宮のまわりの血液が悪くなるため、骨盤周囲を中心に腰痛が起きたり

子宮だけでなく胃腸の働きにも影響を与えることで下痢を引き起こすこともある。

中には吐き気や食欲がなくなることもあります。

 

 

②子宮の出口が狭い

若かったり、出産経験がない人に多いです。

子宮の出口がせまいために、経血がスムーズに外に流れにくいことから痛みを感じます。

 

 

③冷えによるもの

体が冷えることにより、血の巡りが悪くなりプロスタグランジ

 

 

④ストレス

ストレスはホルモンや自律神経のバランスを崩し、血行を悪くします。

 

 

メカニズムとしては、こちらの4つです。

 

 

 

すぐに対策を練れそうなのは、③と④ですね。

 

③は体をひやさなければいいの??ということですし

④はストレスを溜めなければいいの??ということですね。

 

f:id:kaorimama-usa:20160927225612j:plain

 

とはいっても夏場に毛糸のぱんつははけないし

現代はストレスフル社会です。

 

どうやってつらくて重い生理痛に立ち向かうのか、、、???

 

続きはまた次回に☆