離婚準備スタート!副業で自立し離婚してシンママになるまでの軌跡

生理痛と闘って来たままんが、子供たちの不安定さ、発達の問題と向き合いながら離婚準備を進めていきます。それでも毎日笑顔で過ごそうとしています。

もしかしてヤバい??半端ない生理痛の原因かもしれない病気2つって??

重い生理痛を緩和する方法をお伝えしていくこのブログですが、

鎮痛剤も効かないような重い酷い生理痛には病気が隠れていることがあります。

 

 

f:id:kaorimama-usa:20160927223854j:plain

 

代表的な2つの病気をお伝えしますね。

 

1.子宮内膜症

生理がある女性の80%が生理痛経験者なんですって。

 

生理痛が原因で婦人科を受診した人の25%が子宮内膜症だったというデータもあります。

 

ひどい生理痛に悩んでいる人は婦人科には必ず行きましょうね。

 

私もずっと行っています。子宮がん検診も毎年受けています。

 

で、子宮内膜症がどんな病気かというと

 

 

子宮内膜が、子宮の内腔以外に発生し増殖、剥離を繰り返す病気です。

生理のたびにそれを繰り返すので、どんどん痛みが強くなる傾向があります。

 

内膜が卵巣内にできてしまった場合、血液がどんどん卵巣にたまり腫れを引き起こします。そのまま放置すると最悪の場合、卵巣破裂に至ることもあります。

引用元:ヘルスケア大学

 スポンサードリンク

 

 

 

2.子宮筋腫

 

子宮内にできる両性の腫瘍のことで、それ自体は命にかかわる病気ではありませんが、

まれにがん化することもあります。

 

子宮筋腫は女性ホルモンによって大きくなるため、放置しておくと10キロをこえることも。

 

ちなみにままんの友達で手術して子宮筋腫を取った子がいますが、大きくなっていたようで

ゲンコツぐらいだったって言ってました。彼女はそれまで食が細かったんですが、筋腫を取ったあとはごはんがしっかり食べれるようになっていました。

 

 

子宮筋腫ができた場所や数によって症状は変わりますが、子宮筋腫があることによって

生理痛が悪化しやすく、出血量が多くなることが知られています。

 

不妊や流産にも関係するため、治療が必要な場合もあります。

 引用元:ヘルスケア大学

 スポンサードリンク

 

 

重い生理痛には病気が潜んでいることもあり、病気を根本から治療することでひどい生理痛から解放される。

 

主に代表的な2つの病気についてお伝えしてきましたが

婦人科に行くことに抵抗を持たずに、痛みがひどい時はまず病気を一度疑いましょう。

何もなければ、それでいいじゃん。

 

以下にあげる9つのうち一つでも当てはまるなら、ぜひ一度婦人科を受診しましょう。

    1. 生理機関が10日以上
    2. 生理のたびに生理痛がどんどん痛くなる
    3. 排便時、排尿時に腹部が痛む
    4. 生理以外の時でも下腹部が痛む
    5. 不正出血がある
    6. レバーのようなドロッとしたかたまりが出る
    7. セックス時、膣の奥の方に痛みがある
    8. ひどい腰痛がある
    9. 生理時の出血量が以上に多い