読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚準備スタート!副業で自立し離婚してシンママになるまでの軌跡

生理痛と闘って来たままんが、子供たちの不安定さ、発達の問題と向き合いながら離婚準備を進めていきます。それでも毎日笑顔で過ごそうとしています。

同じ会社に正社員として勤め続けることの安定についてマジメに考えてみた

正社員の安定はまだあるのか?それともないのか??

f:id:kaorimama-usa:20170129193809j:plain

 

スーツという名の戦闘服に身を包み、朝から晩までたいそうなプレッシャーを浴びせられながらゼイゼイ言いながら毎日毎日働く。

 

正社員というと聞こえはいいが、責任ものしかかる、いやいやぺーぺーでもプレッシャーは半端なく浴びせられる。

 

それだけの負荷に見合う給料をもらえているのかと言えば、必ずしもそうでもなく、、

 

昔はもらえていたのかもしれない。だが今は、、、どうだ??

 

たとえば新卒でまぁ一流と言える大企業に入社できたとしよう。じゃあずっと定年まで勤めあげれるのか?安定して給料はもらえるのか?ベースアップは毎年あるのか?

 

 

答えは、、、

 

 

悲しい時ーーーーーーー

 

 

 

 

 

正規雇用は定年まで保障されるのか?

答えは、、、もうわかってるよね?

 

SHARP東芝パナソニックも、今みたいになるなんて15年前に予想できたかしら?

f:id:kaorimama-usa:20170129212623p:plain

 

いい大学に行っていい会社に入れば安定したお給料が保障されるなんて、もう幻想だ。

 

SHARPに入社した人だって、これで一生安泰だって一安心だって本人もその家族も思っただろう。そのあと給料が下がっていくなんて夢にも思わなかったに違いないよ。

 

東芝に入社した人だって粉飾決算でこんなに大事になるなんて思いもしなかったろう。

f:id:kaorimama-usa:20170129225550p:plain

ままんも、いわゆる一部上場企業に勤めてた時期があったけど、そこだって安定があるとは思えなかった。社員は減らしていって安く使える雇用形態の社員を増やそうとしてたし、明るい未来がまってるとは思えなかった。

 

仕事はきつく、まぁでもやりがいがないことはなかった。ただ、ままんはお母さんだ。子どもを優先できる環境にはなかった。家庭の事情でままんは退職に至ったけど、あのまま続けてても幸せだっただろうかと思う。お給料はそりゃあ今より良かったけど、例えば倍もらってたら見合ってるって満足できたかもしれない。倍もらえるほど貢献できてなかったけど、精神的負荷と肉体的負荷を考えたらもう少し多くてもいいよなとは思ってた。

 

上場企業でもそうなんだ。中小企業はどうなんだっていう話で。

 

上場企業も副業解禁している会社がたくさんある。

ロート製薬リクルート、メルカリ、ウィルゲート、リブセンス、、、有名企業でも上げればキリがないほど。

 

これっていいのか悪いのか。もちろん自分の能力をもっと活かしたいとすんごく前向きな気持ちで副業をしている人もたくさんいるだろう。

 

でも収入がもう少し欲しくて副業している人が多いのも現実だ。

 

 

 

 

 

 

ずっと企業戦士でがんばって報われるのか?

 

もちろん正社員でいることは、信用も得られるし生きていく上ではメリットもたくさんある。そういう社会だし。

 

正社員のポジションは簡単に投げ出すべきものではないけど、完全な安定をもたらすものではないから、わたしたちも対策を練らないといけない。

 

それは、副業というかたちかもしれないし、資産運用という形かもしれない。

 

それぞれに合ったやり方を見つけることからはじめないといけないのかも。

 

 

 

少なくとも、会社だけに依存していればいいという考えはもうナンセンスだ。

 

 

 

会社から離れた時間に考えてみてほしい。

 

 

 コレ、投資入門にオススメです。

 

 

はじめての人のための3000円投資生活Amazonはこちら

 

 

 

離婚ブログの人気ランキングって、、、?