離婚準備スタート!副業で自立し離婚してシンママになるまでの軌跡

生理痛と闘って来たままんが、子供たちの不安定さ、発達の問題と向き合いながら離婚準備を進めていきます。それでも毎日笑顔で過ごそうとしています。

協議離婚をするなら必ず決めておくべき3つのこととは?

その3つとは

養育費・財産分与・慰謝料

f:id:kaorimama-usa:20170205094231p:plain

この3つ。

 

誰が誰に、いつどのように、支払いをするのか決めておかなければいけません。

特に、養育費は子どもが受ける権利なので、別れた相手に支払うものではなく、親として子供に対する当然の権利だということを忘れてはいけません。

 

いや、わかるよ?もう別れたくて別れるんだし、旦那の金なんか1円たりともいらんわ!!!!っていう気持ちになるの。うん、わかる。でも、それはそれ。子供にしてみたら

お父さんは自分のためにお金を出し続けてくれたって愛情だと受け取るかもしれない。お父さんとお母さんは別れてしまっても親子の縁は切れないって思うかもしれない。

 

わからないけどね。

 

協議離婚は字の通り協議=話し合いで離婚します。だからこそ、あとから約束が違う!!ってならないように、しっかり決めておくべきことは決めておかないとダメ。

 

ほかに、協議離婚の時に決めておくべきものとしては

親権者・監護者‣面会交流・婚姻費用などがあります。

 

 

話し合いで離婚する際には取り決めた内容の合意書は必ずつくっておこう

協議離婚でも合意書(離婚に関する合意書=離婚協議書)は必ず作っておく。

離婚する時に決めて、離婚協議書に入れる事項にはこのようなものがあります。

  • 協議離婚すること
  • 財産分与
  • 慰謝料
  • 養育費
  • 未成年の子どもがいるなら親権者・監護者の決定
  • 面会交流権
  • 戸籍筆頭者でない者の離婚後の氏の変更・不変更(相手の同意は不要)
  • 離婚届提出日
  • 年金分割

夫婦のどちらが提出するかも決めておきましょう。

トラブルを避けるために合意書を作る必要はあるけど、残念ながら合意書そのものに法的執行力はないので、金銭に関する事項が含まれている場合は

強制執行認諾約款付き公正証書を公証人役場で作っておくべきです。

       引用元:離婚の準備・手続き・進め方のすべて 岡野あつこ

 

f:id:kaorimama-usa:20170205102103p:plain

 

 

話し合いは、つとめて冷静に。

お金のこと、、、ですな。結局。

公証人役場はままんの地域では、商工会議所の看板のそばに看板があります。

まだ行ったことないんで、正確にはわかりませんが。

ままんのまわりにもすでに離婚している子も何人かいるので、公正証書の話はきいたことがあります。正式名称、すっごい長いんだね、知らなかった、、、。

 

協議離婚が一番スムーズとはいってもこんなにたくさんのことを話し合って決めないといけない現実

 たくさん決めておくことがありますよね。。。ほんと、うんざりするくらい。

 

財産分与とかって、財産ない人もいるよね、たぶん。

 

ままんなんかは自分一人の力で育ててやるわ!!!キーーッ!!!とかってなっちゃうタイプだけど(失笑)、実際離婚までいくと相手のお金なんか受け取りたくないってのが本音だよね。

とはいっても、養育費は出してもらった方がそりゃ楽だろう。自分が受け取るんじゃなくて子供が受け取るんだって割り切ってね。

まぁ、相手が再婚でもして払わなくなったらイヤだから最初から受け取りたくないって気持ちも強いけどね。。。

 

だけど、合意書に

養育費を請求しないかわりに、相手に2度と子供に会わせない

って書いても無効なんだって。これって違法らしい。

 

法律って難しいな。相手がいて交渉していくことだから、自分の思い通りにするのは難しいし、ある程度の妥協というか落としどころは必要なのかも。

 

自分一人の子どもじゃないのは事実だから。

 

 

 

離婚ブログランキング、ままんは今何位?

 

 

 

参考書籍はこれです。 

 

 

最新 離婚の準備・手続きと進め方のすべてAmazonはこちら