読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚準備スタート!副業で自立し離婚してシンママになるまでの軌跡

生理痛と闘って来たままんが、子供たちの不安定さ、発達の問題と向き合いながら離婚準備を進めていきます。それでも毎日笑顔で過ごそうとしています。

保険の見直しは離婚準備期間のママでもできる!

離婚準備の一つとして考えないといけないのが、保険の見直し。

 

f:id:kaorimama-usa:20170219211832p:plain

保険料って、人生で家の次の買い物って言われるぐらい実は大きな支出なんです。

保険って、一度入ると見直しをまったくせずにずっと放置っていう人、凄く多い。それでいて、保険料は毎月自分の口座から払い続けてしかもどんな保障内容かも把握していなかったりする。

 

 

これはね、イカンよ!!!!

 

自分の大事なお金をどんなことに使っているのか、ちゃんと把握しておかなきゃダメ!保険もずーっと昔にはいったものだったりすると、いざ使おうってなったときに使い物にならないってパターンもあるんだよ。

 

 

まずは、今自分がどんな保障内容の保険に加入しているのか、そこから調べよう。

 

 

 

保険には種類がある。あなたの保険は死ぬまで使える?それともいつか保障が切れてしまう?

 

保険には大きく生命保険と損害保険の2種類があるけど、まずは生命保険の内容から確認しよう。

 

ときどきいるのが、契約者が旦那でその家族がオマケで保障が付いてるタイプ。簡単に言うと、契約は旦那がしていて、おまけでついてるから保険料は安い。でも、旦那が解約したらオマケの家族の保障もなくなってしまう。

ちょっと難しく言うと、旦那が契約者で主契約は旦那。家族は特約で保障があるタイプ。

 

簡単に言っても難しく言っても、このタイプなら今すぐ自分が契約者で被保険者も自分の契約をしよう。

 

保険はそれぞれに契約しなきゃダメ。別れても自分の保障は無くなっちゃうよ。

 

f:id:kaorimama-usa:20170219213440j:plain

 

保険って基本的には健康じゃないと入れないと思った方がいい。病気してもまったく入れないわけじゃないけど、条件っていって例えば特定の病気のときはその保険が使えなかったり、毎月払う保険料自体が健康な人より割高になったりしてしまう。

 

あと、年齢が上がると保険料は高くなっていく。これは若い人よりも年を取っている人の方が病気になる確率が年々上がるからなんだね。と、いうことは、、、

 

若くて健康なうちに保険は見直ししておいた方がいい

 

これはしっかり理解しておこう!

 

で、保険って期間が決まっていて例えば80歳までしか保証が続かないもの(定期保険)とか、死ぬまで保障が続くもの(終身保険)なんかがある。

 

死亡時に保険金が出る保険は、全部が全部死ぬまで保障される終身保険である必要はないの。まとまった死亡保障っていうのは、子供が大学を出るまでで十分。そりゃ手厚くしようと思えばいつまでも高額の死亡保障があってもいいかもしれないけど、あまり合理的でない。

あなたがシングルマザーになったとしても年金をかけているんなら、あなたがもし亡くなってしまっても子供たちは遺族年金が受け取れる。これは収入に応じて金額が決まるんだけど、これを考えていくら残せれば子供が困らないか考えて保証金額を決めると、合理的でムダがない。

 

ここで計算できる。

manetatsu.com

 

オススメの保険の入り方としては、下の子が大学を卒業する年までは終身死亡保障プラス収入保障保険。

 

終身死亡保障はお葬式代ぐらいで現役で働ける65歳か60歳までに払い込みを終えれるようにしておくといい。目安は100万~300万くらい。

これね、貯蓄タイプになるからもし急にどうしてもお金が必要!ってことになったら解約して現金化してしまうこともできる。

で、これだけじゃ保障が足りないから一番下の子が大学を出る年まで、収入保障保険をかけておく。

これは、掛け捨てタイプだから保険料も割安。この保険はお給料みたいに毎月決まった金額をもらえるっていうモノ。月10万円から。これは各家庭で必要な金額って違ってくるからそれぞれの家庭に適した金額を用意しておくこと。

 

このかけ方が一番合理的じゃないかなぁと思う。

 

 

死亡保障だけじゃなく医療保険も見直しは必要

医療保険とは、入院したときに出るありがたい保険。

これもね、日帰り入院だと出ないものとか二日目からしか出ないものとかあるのでしっかり自分の保険がどうなっているのか確認しよう。

医療保険は年をとればとるほど必要な物なので終身(死ぬまで)の保障が必要。共済なんかは保険料も安いし、年に一回割戻金があってすごく助かるけどだいたい60歳過ぎるあたりから、保障がどんどん手薄くなっていって、いざ本当に必要な時に足りなくなる。なので、オススメのかけ方としては、、、

 

共済と終身医療保険の掛け合わせがいいんじゃないかな

 

ほんとは全部60歳か65歳で払い込みを済ませれるといいんだけど、保険料がね、、、高くなるかな。

 

共済なら残っても3000くらいの保険料なら、年金生活になっても払えるかなって。それに共済は死亡保障もついてるから、ちょっとそこを手厚くできるしね。

 

ママが入院になると病院に払う医療費だけじゃなくて食費がかさんだり、病院にかよう交通費とか医療費以外のお金が必要になったりする。

 

1日5000円じゃ足りないよ、絶対。

 

 

保険の見直しは一度大手の保険相談サービスで相談してみよう

ままんなら、こうするかなっていう見直し方法も紹介したんだけど、金融のプロに頼むと色々な会社の商品からあなたにピッタリの商品を選んでくれます。

 

たとえば大手の生命保険会社の営業さんが勧めてくれる保険ももちろんあなたにあった内容を提案してくれるだろうけど、当然だけど自分の会社の保険しか勧めてこないですよね。

 

もしかしたら、別の会社の保険の方があなたには合っているかもしれない。。。

 

その点保険相談サービスなら、一社だけから選ぶってことはないので選択肢も増えます。保険料も保険会社によって違うので、よりあなたにピッタリの保険を見つけることができます。

 

 

 

 

↑ここなら、街中の店舗までわざわざ行かなくてもあなたの自宅そばなど、あなたが指定する場所にファイナンシャルプランナーの方が来てくれます。

 

わざわざ遠くまで行くの、面倒ですからね。ままんは、面倒だから近くまで来てもらいました。

 

相談は無料でできるので、気軽に相談できました。

 

まずは一度相談してみましょうね。

 

 

 

 

 

いきなり相談が抵抗あるって方は、パンフレットの一括請求からしてみましょう。

いずれは相談してみてくださいね。

 

 

 

 

 

離婚ブログランキング、ままんの順位を上げてください☆