読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚準備スタート!副業で自立し離婚してシンママになるまでの軌跡

生理痛と闘って来たままんが、子供たちの不安定さ、発達の問題と向き合いながら離婚準備を進めていきます。それでも毎日笑顔で過ごそうとしています。

日曜の定番、離婚準備の断捨離に励む

もう何週目だろう、日曜の断捨離。

今日は、長女が小学校の低学年の時の作品集を処分しました。

f:id:kaorimama-usa:20170326214642p:plain

 

いや、もう低学年の作品集なんて、奇跡の集まりですよ!!絵のタイトルひとつでも、

 

天使か!!!!

 

どんだけピュアなタイトルやねん!

 

もちろん処分だけしたわけではなく、けっこうな数の作品の写真を撮りました。

グーグルのアカウントを持っていれば、グーグルドライブにアップロードできるので、そうしました。

www.google.com

 

今日は3年生まで処分しました。

前回の断捨離時に1年生の時の作品をいくらかさようならしていたので1年生から3年生まで全部というわけではないんですが・・・

写真撮ったりしながらだと、2時間くらいかかりました。

 

ままんは、モノに対してあまり執着がないので結構ポイポイ捨てれちゃいますが、モノをとっておきたい人だと大変かも・・・

 

でもね、離婚確定してから片付け始めたり住む家を決めてから持って行くものを選別してなんてしてたら、ただでさえ離婚で参ってるときにさらに参ってしまいますよ。

 

腹が決まったんなら、少しずつ準備しておくべき。

一軒家から出ていくとなるとトランクルームの活用もアリ

婚姻期間が長ければ長いほど、信じられないくらい荷物がある。

子どものモノなんか、もう大変。

まず、長女のランドセル。どうすっぺ??

今日は長女の作品はいくらか処分したけど、今度6年生になる二女の作品はまだ手付かず。

いくらままんがモノに執着がなくても、もう中学生の人のモノとまだ小学生の人のモノだと、やっぱり感覚が違います。

 

二女のも少しずつ選別しておかないといけないなぁとは思ってるんだけどねー。

でも、いずれは処分するものなら出ていく前にしておかないとムダな費用がかかってしまう。引っ越し時の荷物は最低限にしておきたい!

 

seirituu.hatenadiary.jp

 でも、どうしても処分が間に合わなかったり、処分はする気がなくて新しい住居に置くだけのスペースがたりないってことなら

 

 ▼レンタルできるスペースの活用です。

 

部屋数を増やすより全然安いですからね(笑)

 

 

 

子どもたちの成長に伴う荷物と負担の増加

もう長女も4月から中学3年生です。いやー、マジで怯むわー。ままんも、もう受験生のオカンかと思うと。

うちは、ちょっと他の子とは違う事情もあるので受験に対するままんの心構えも他のママとはたぶん少し違うと思う。

ままんが住んでいるのは田舎なので、高校のレベルでいうとやっぱり県立の方が高い傾向にある。私立でもいい学校がたくさんできてきて、ぶっちぎり高いレベルでいうと私立の医学部コースとかもあるけど歴史とかなんやかんや言うとやっぱり県立に行ってほしい。

 

学費も全然違うし。

 

まぁままんの頭の中だと、わが子は県立の進学校に行くもんだと思ってた。もはや産んだ瞬間くらいから(笑)

でも遺伝子は自分一人のものではなく、進学校に入れるにはどうやら雲行きがアヤシイなと小学生のうちには気が付いた(笑)

さらにほかの子たちと違う事情ができてしまった。内申点の問題が予想がつかなくなった。はっきりしてるのは、他の子たちより圧倒的に不利になるっていうこと。

 

seirituu.hatenadiary.jp

 

これについては、もう仕方ないと思ってる。

でもね、私立の学校に行くってことはシングルマザーにとってはやっぱり大変なこと。

でも仕方ない、わたしはお母さんなんだ。子供を守らないといけない。

私立に行くしかないなら、私立の学費だってちゃんと払わないといけない。

 

お金ないから払えません、無理です

 

そんなこと通らないんだ。

だから、ままんは副業を始めました。本業一本ではキツイからね。

なんせまだ下にもう一人いる(笑)

 

▼ままんは、子供を守る。そんなままんがしてる副業がこれ。

 

 

同じような立場の人もこれならできると思う。

 

お母さんは強くならなくちゃ(;^_^A

 

 

離婚ブログランキング、ままんの順位を上げてください☆