読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

離婚準備スタート!副業で自立し離婚してシンママになるまでの軌跡

生理痛と闘って来たままんが、子供たちの不安定さ、発達の問題と向き合いながら離婚準備を進めていきます。それでも毎日笑顔で過ごそうとしています。

夜は短し歩けよ乙女原作の森見登美彦著宵山万華鏡を読みました

夜は短し恋せよ乙女

youtu.be

 

さて、なぜ森見登美彦先生の作品を読んだかというとですね、この映画の絵、これが森見先生の作品の挿絵?表紙?そう、森見ワールドといえば、この世界観なのです。正直、このイラストで映画化って最初に聞いたときかなり驚きました。

実写化は最近よく聞くけど、カバーイラストのイメージで映画化ってあんまりないでしょう?

予告を見た時の感想は

 

おお、動いてる

 

そんなところでしょうか。本当にこの世界観なんだ・・・と衝撃を若干受けました。

 

宵山万華鏡

 


ウン、まぁ、見ての通り不思議ワールドなかんじ。 

伏線たっぷりで最後まで

 

こうつながるんかい・・・

 

いや、尊敬したね、作者の森見先生を。

 

夜は短し歩けよ乙女星野源はやっぱりいい味出してる

去年大ブレイクでしたね。

逃げるは恥だが役にたつ

 

はい、ままんも見てました。恋ダンスはきちんとは踊れないけど、きっと歌うことはできる(笑)

 

 

 

逃げるは恥だが役に立つ DVD-BOX 特典なし

 

夜は短し歩けよ乙女では

なるべく彼女の視界にはいる先輩を演じている。

 

 

先輩は眼鏡をかけてるから、選ばれたのかな??

でも、いい感じにできてる。

この本はまだ読めていなくて、映画の方を先に見たいという気持ちです。

GWあたり、見に行きたいなぁ・・・。

 

星野源さんといえば、今は歌手のイメージが世間的には一番強いのかもだけど、エッセイストでもあるし俳優でもあるし、ほんとマルチな才能。

彼の

僕は女の人が大好きです!!

と公言しているところが大好きです(笑)

あと、ジワジワくるのがオモエモン。

 

LIFE!〜 人生に捧げるコントから星野源ムロツヨシ出演おもえもん - YouTube

 

こんな素敵すぎる星野さんが声優で参加しているのが

夜は短し恋せよ乙女

やっぱり原作、先に読んじゃおうかな。

 

森見登美彦ワールドは活字でも映像でもふんだんに楽しめる

作家さんというのは、本当に個性というか世界観というか卓越しているものだなぁと久しぶりに感じたのがこの森見登美彦先生。

ままんがふだん読んでいる作家さんにはあまりいないタイプ。

映像化したときのすばらしさというのはもちろん原作のすばらしさだけではなく、演者さんの力、製作者の力、あらゆる力がうまく作用してできあがるもの。そしてそれは、いつもうまく作用するとも限らないもの。

 

だからこそ、うまく作用した作品というのはしっかり見ておきたいものです。

 

離婚ブログランキング、ままんの順位を上げてください☆