離婚準備スタート!副業で自立し離婚してシンママになるまでの軌跡

生理痛と闘って来たままんが、子供たちの不安定さ、発達の問題と向き合いながら離婚準備を進めていきます。それでも毎日笑顔で過ごそうとしています。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている原作読者が実写化ドラマを見た本音の感想とは?

今日から始まりましたね!フジテレビ系で日曜夜9時から

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

f:id:kaorimama-usa:20170423101433j:plain

原作は太田詩織先生。

なんとこの作品がデビュー作ということで・・・スゴイ。

デビュー1作目が当たるってすごいよね。ワンピースの尾田栄一郎先生もそうだし、NARUTO岸本斉史先生もそうだ。

 

ままん、この本は全部読んでました。このブログでも紹介したことあります。

seirituu.hatenadiary.jp

生理痛を緩和するためにままんが必ずしているのがシャワーで済ませずにお風呂につかること。で、お風呂タイムを楽しむために読書もしてるよ的な。

そこでサラッと読める本ってことで紹介しました。

 

 

 

最新刊はこれ。

この黒髪のお姉さんが櫻子さんですね。 

観月ありささんが演じます。正太郎くんはキスマイの藤ヶ谷太輔くん。

 

すいません!!この時点でもう

うーーーーん

です!

 

原作とドラマの設定が違いすぎるけど見てみたら案外しっくりきたりするのか?

まず、櫻子さんがお姉さんすぎる!正太郎くんなんか原作では最初は中学生だ。最新刊でもまだ高校生だ。それもどちらかといえば、幼いタイプだ。

 

そう、全然違う!!!!!!

櫻子さんが標本士になってるし、正太郎も大人になってるし。

そんなわけないやろ!!ってツッコみたくなる。

そんなもはやアンチともいえる精神状態でドラマを見始める。

 

ちなみにアニメ化もされている。今回、ユーチューブで見てみました・・・が!!

ダメだ、ままんのなかの櫻子さんとも正太郎くんとも違いすぎる。全体的に声が高すぎる・・・あぁ・・・ガッカリ。

DVDになっています。 

 

 

ままんみたいに原作をガッツリ読んでない人は面白いと思う。ストーリー自体は良くできているので。 

 

さぁ。そんなまったく期待していない状態でドラマを見始めるままんである。

 

原作をしっかり読んでいるからこそのアンチ状態で見始めたが・・・もはや原作とは別物っていうか・・・原作をうまいこと脚本家がまとめてるなって感じ。そう、別物だけど、これはこれでアリかもしれない。原作とある意味別物にしてしまったことが、功を奏したのかもしれない。

 

これだけ見れば、良くできているという感想だ。

アニメよりドラマの方が見れる。というのがままんの感想です。

 

 櫻子さんがお姉さんすぎるし正太郎は大きくなってるけど、これはこれでアリ

f:id:kaorimama-usa:20170423101433j:plain

この画像だけ見たら正直言って、

ハァ??

って思ったんだけど、女優さんってすごいねぇ。

櫻子さんは原作では20代前半。観月ありささんはもう40くらいよね?ムリありすぎだろ!!って思ってたけど、まぁそんなでもない。そもそもドラマでは櫻子さんの年齢は言ってない。たぶん。正太郎は26歳の設定だからそれよりは上ってことだろうけど。

 

原作とは違いすぎるけど、もはや原作とは違うものだと思えば面白いんじゃないかな。ミステリーが好きな人なら楽しめると思う。切り口も骨なんて、珍しいし。

時々2時間ドラマで骨の専門家のしてるけど。(大塚寧々さんのシリーズかな)

 

人間ドラマですね。骨を通じて生と死を考える。死よりも生の方が大きなテーマなんだろうけど。

 

このドラマは次回も見ますね☆

 

離婚ブログランキング、ままんの順位を上げてください☆